東京 40代女性

ebe2550ee64918b0bd76e4eafdbe46e4[1]

「永木先生は第二の人生の恩師」
私は数年前にALS(筋萎縮性側索硬化症)と診断を受けた、40代女性です。
発病当初は体幹と呼吸筋からの発病で、進行も早かった為にすぐに車椅子生活になってしまいました。
主治医には、3ヶ月で人工呼吸器の選択をする様に言われました。

ところが、すぐに優秀な中国鍼灸治療師の先生との出会いを戴き、その先生の治療を1日置きに施術して戴いたところ、突然進行の速度がピタリと止まった様になり、中国医療の素晴らしさを実感しました。
そしてこの数年間は、痰の排出が困難になった時に気管切開をしたものの、それ以上の身体の進行はありませんでしたが、やはり「完治」を目指すまでには行かず、日々食事が取れなくなっていく一方でした。

そんな時、半年程前ですが、永木先生にお世話になり手応えを感じた友人からの紹介で先生を紹介していただき、私も一度試しに治療を受けてみることになりました。
先生はとても温かいお人柄で、お会いした途端に「会うべき人」だった…と感じました。
そして施術して戴いた途端、今まで感じた事の無い程の、脊髄に沿って熱い物が行ったり来たりする感覚を覚え、施術を終わってトイレに行った際に鏡を見て、自分の顔色があまりにも艶々、ピカピカしている事に気付きました。
そしてその瞬間、私の「第二の人生」が始まりました。

せっかく進行を止めて戴いたこの身体を自分の身体を治す為だけでなく、他の難病や病気で悩んでいる方達の為に使わせて頂くのが、私のこの先の運命の様に思えました。
すぐに先生にお願いし、気功の講座を受けさせて戴く事が決まり、講座を受け始めて一週間が過ぎた頃、突然今まで食事が取れなかった原因と思われる大量の「胆石」が見つかりました。
これまで何度も全身の検査を受けていたのに見つからなかったのに、気功を受けた途端です!
流石にその胆石はあまりにも多過ぎて、炎症も起こし始めていたのですぐに手術で取りましたが、腹腔鏡で簡単な手術だった為、術後3日で退院出来ました。

それからは、毎日教科書とCDを聴きながらの自習と、先生の講座を受けていますが、先生にお会いしただけで、先生と電話やSkypeでお話ししただけで、背中がドンドン熱くなり、全く歩けなかったのが、もう4-5歩なら何もつかまらなくても歩ける様になりました。
そして、あまりにも呼吸機能が良いので、気管切開した部分も、もうすぐ閉じる為の入院をする事が決まりました。
本当に、神経内科医の主治医も、奇跡としか言いようが無い…と言って驚いて、しかもとても喜んでくれています。

永木先生には、これからもずっとご指導を頂きたいと思っておりますので、今後共よろしくお願いします。
T.I