桜の薄ピンク色が気になってきましたね
春先の低気圧と高気圧が入れ替わりが激しくて
眠りが浅くなり、前日の疲れが残り・・・

目覚めが辛くなっていませんか?

気圧の変化に自律神経
交感神経から副交感神経への切り替えがスムーズに出来ず
なかなか寝付けなかったり

年度末、春の催しなどで帰宅が遅く
睡眠時間そのものが少なくなってしまったり・・・

充分な睡眠がとれない理由が増えています。



こんな時に充分な睡眠とるある方法があります



あなたもこの季節グッスリ眠りたいと・・・

あさスッキリ目が覚めたいと思いませんか?

時間もさほどかからず

何も道具を用意するある簡単な方法なんです

それは

身体をきちんとリラックスさせた状態を作る事です

自分のベッドでくつろいだルームウエアや
環境は特に変わらないままで
いつもよりもっとリラックスする方法

それは

自律神経をちゃんと切り替える事です!

自律神経には、交感神経と副交感神経があります

夜グッスリと眠るためには
副交感神経を優位にして
脳内物質のセロトニンを活性化させて
心身をほっとくつろがせることが必要です。


では

いったいどんな事をするのか?


じつは・・・


しっかり息を吐き出す深呼吸です。


睡眠直前にしっかりと全身を伸ばし

先ずは軽く息を吸い

その次に

お腹がしっかりとへこむまで息を吐き出します

吐き切ったら1~2秒息を止めます

そして

止めるのをやめます

止めるのをやめると・・・

なんと

何も意識しなくても
息は吸えています

これが理想の深呼吸です

この呼吸法を寝る直前に
5回~10回

たったこれだけで
自律神経の交換スイッチを切り替えて
グッスリ睡眠へと導いてくれるのです


いかがですか?!

貴方も試してみたいと思いませんか?

 

そうして

朝スッキリト目覚めて元気な一日のスタートをしてみませんか!